2012年10月23日

京都・時代祭2012

昨日の昼ころ、時代祭の日であることにふと気付きました。せっかくなので1時頃、ランチに出かけるのにちょっと御池通りを覗いてみると、ちょうと行列の初めのところが見えました。時代祭は明治時代から遡っての行列です。

jidaimatsuri1.gif
こちらは「維新勤王隊列」。笛・太鼓の"ピ〜ヒャララ〜"の威勢の良い音の鼓笛隊です。

できれば平安時代などの綺麗な装束が見たいな〜、と思い、限られたランチタイムなので、先にランチに行くことにしました。そして帰ってきたら…

jidaimatsuri2.gif
室町時代の終わりの方でした。室町時代の洛中風俗列を少し見ることができました。

そして、次は「吉野時代」と書いてありました。そんな時代、恥ずかしながら知りませんでした…「吉野時代」とは室町時代の初期で、南北朝時代に後醍醐天皇が吉野に転居したことから称されるそうで、南朝を正統とする言い方だそうです。

jidaimatsuri9.gif
たぶんこちらは楠正成公。楠正成公が隠岐から戻る後醍醐天皇を導かれた時の行列。

その後、ちょっと時代が広がりますが、中世の婦人列です。
jidaimatsuri3.gif

jidaimatsuri4.gif

jidaimatsuri5.gif

jidaimatsuri6.gif
多分これは淀君。

jidaimatsuri8.gif
大原女(おはらめ)の原型ともいえる、行商の女性。

jidaimatsuri7.gif
こちらは桂女(かつらめ)。

その後、鎌倉時代になり、甲冑に身を包んだ武将たちの列。

jidaimatsuri10.gif

jidaimatsuri11.gif

とここでランチタイム終了。きらびやかな平安時代は残念ながら見られませんでした。またいつか、見てみたいと思います。

今日はひどい雨でしたが、昨日は本当に晴天でしたね。日本では小春日和と言いますが、カナダでも"インディアンサマー"と言われる、秋にとっても天気が良くなる日があります。でももうすぐ11月。いよいよ本格的に冬シーズンになります。


posted by myk at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

シルビアホテル

イングリッシュベイにシルビアホテルという、見た感じとても古いホテルがあります。蔦がからまったとても雰囲気のあるホテルです。見た感じ、と書きましたが、実際、中もとても古い!でも、このアンティーク感がとても人気なのです。

下にはとても広いレストランがあり、食事だけの目的の方もたくさんおられますし、パーティにも良く使われます。

この日、私たちは3人でレストランに行きました。色々なものをちょこちょこ食べたかったので、apetizer for three(3人用の前菜)というのを頼んでみたところ…

sylvia1.gif
こんな立派なアペタイザーが出てきました。これとワインとで十分でした。ウエイターさんからは「それだけじゃ少ないよ」と言われていたので、"スタッフドマッシュルーム"も頼んでいました。

sylvia3.gif
それがこちら。エスカルゴのお皿にマッシュルームが入っていて、チーズがた〜ぷり!
余談ですが、最近日本の某有名居酒屋チェーンに行ったとき、「エスカルゴ風○○○」というメニューがあって楽しみにしていたのですが、淋しいチーズの量にちょっとがっかりしていましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)さすが、カナダはボリューム満点です。

sylvia2.gif
テーブルのお花はなぜか日本風。ウエイターさんもちょっと日本語をご存知のようでした。

とても居心地の良いレストランでした。

okuda
posted by myk at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。