2009年10月13日

サンクスギビングデー

日本はまた3連休でしたが、カナダでも10月の第二週はサンクスギビングデー(感謝祭)でお休みです。秋の収穫をお祝いする日で、家族が集まりごちそうを頂きます。なぜか北米では家族でお祝い、と言うとターキーですよね。

アメリカではサンクスギビングデーは11月ですが、冬の訪れが早いカナダでは秋の早めの10月。カナダの中部はご存知の通り大平原(大プレーリー)。見渡す限り360度、小麦や大麦などの穀物が実ります。この広大な土地を収穫するのは本当に大変ですが、"ハーベスター"という職業の人がいて、北米大陸を収穫の時期に合わせて移動して収穫を手伝ってくれます。移動するのでハーベスターの仕事は1年のうち4ヵ月くらい出来るそうです。

harvester.gif

以前テレビで見たのですが、天気悪かったり、ハリケーンや竜巻が来ることもあり、本当に大変な仕事です。重機が故障したら自分たちで修理します。1つのハーベスターのチームは10人くらいだったと思います。もちろん費用もそれなりに高いようですが、それでも広大な土地の収穫作業はハーベスターなしでは成り立たないようです。

パスタ、パン、うどんなど小麦好きの私には感謝すべき人達です。ちなみにカナダではそばもたくさん輸出してるんですよ。

サンクスギビングデーが終わったら冬が来るのももうすぐ。最近は寒くてMYKスタッフ宅でも暖房を入れています。

okuda


posted by myk at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。