2010年02月15日

ショートトラックの練習を見に行ってきました

素敵な開会式でしたね。最終ランナーに、リッチモンドでも走った車いすのリック・ハンセンが登場したのに驚きました。そして、やっぱりカナダのスーパースターと言えば、ホッケーのグレツキーですよね。あの後、ジョージアストリートを聖火を持って走り、屋外の聖火台で点火しました。なので、本当の最終走者はグレツキーですね。その部分の放送がなかったので、何となく日本のテレビ放送は尻切れトンボだったような気がしますが、3時間以上あったので仕方ないですね。この動画でグレツキーが点火するところが見られますので、お時間のある方はどうぞ。

さて、今日はN.S. がスピートスケートの練習を見に行った時の様子をご紹介します。もう既に競技も始まっているので、遅いタイミングになってしまいましたが…

スピード・ショートトラックの選手は一番乗りでバンクーバー入りをしました。アボツフォード市が練習の場所と宿泊を提供して歓迎し、練習の様子を公開し市の博物館で会見を開催しました。

練習ですが、やっぱりすごい迫力です。 とにかく早い!写真を撮りましたが、早すぎて全部ぶれてしまいました。個人的にフィギュアスケートを見に行きたいと思っていたのですが、この迫力のある、すべりを見たらスピードスケートを見に行きたくなってしまいました。でも、残念ながらチケットは手に入りそうにありません。

SPEEDSK-003.gif
女子の選手が走る前の様子です。とにかく速いです。

SPEEDSK-015.gif
走った後の様子。

SPEEDSK-002.gif
会見の場所で、緊張した様子の選手たち。この後、選手の1人が流暢な英語でスピーチをしました。皆さんは当然カナダの選手を応援されると思いますが、我々もその次に応援して下さいと言って笑いを取っていました。

SPEEDSK-005.gif
アボツフォード市からお土産を貰いました。

SPEEDSK-008.gif
そして、イヌクシャクに変身した子供達の歓迎のダンスです。

SPEEDSK-018.gif
写真を撮られる側の選手も思わずあまりのかわいらしさに写真を撮っています。

SPEEDSK-006.gif
選手にサインを求めるアボツフォードの人々。頭を上げている人が監督です。因みに姉がカナダラインに乗っていたら、隣にこの監督が座り世間話をしたそうです。

女子の3000メートルは終わりましたが、まだまだ沢山のスピードスケートの競技もありますので、楽しみです!

N.S.


posted by myk at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。