2010年08月24日

UBCボタニカルガーデン

UBC(ブリティッシュコロンビア大学)の植物園は大学の敷地内に位置しています。1916年に設立され、1985年には、UBCの学部農業科学の公式庭園となりましたが、植物研究の為の研究施設だけではなく、一般にも公開されています。約110エーカー(44ヘクタールの庭園で8,000以上の異なる植物を観賞することが出来ます。

Alpine Garden (高山植物園 )
アルパインガーデンでは世界中の高山植物を見ることが出来ます。

Asian Garden
アジアガーデンは、UBCで最大の植物園で日本、中国、チベット、韓国ななどアジア諸国からの植物を紹介しています。特に大陸のシャクナゲの最大のコレクションがあります。

Carolinian Forest
カリオンフォーレストはまだ作業中ですが、完了すると北米の広葉樹を紹介する場所になります。

Food Garden
フードガーデンは食材になる植物を置いています。ここでは実験段階の果物の種、野菜などもあります。

Native Garden
ネイテイブガーデンはブリテイッシュコロンビア州にもともとあった植物があります。

Physic Garden (薬草園)
フィジックガーデンは、訪問者に植物や薬の非常に興味を持たせる機会を与え、深い世界を体験することができます。 もともとローマ帝国、ギリシャ語の植物で薬用目的のために用いられた、それらの同じ植物の多くが近代社会の今も継続して利用しているという例を紹介しています。

Other Gardens
冬の庭、現代の庭を楽しむことができるいくつかの小さい庭園があります。

中には残念ながらまだ入る機会に恵まれていないのですが、今回は少し待ち時間があったので入り口だけでも綺麗な花が咲き乱れていましたので、いくつかご紹介します。
その中でとてもユニークな木があったので写真を撮り、説明文を読んだら、なんと珍しい木だったのでこのブログで紹介することにしました。

UBC-BOTANICAL-GARDEN-029.gif
WOLLEMI PINE
ウォレマイパインは恐竜の時代にさかのぼる、世界で最も古く最も希少な樹木の一つで、発見されるまでは化石の記録から絶滅したと考えられていたそうです。 1994年にシドニー郊外のブルー・マウンテンの一部であるウォレマイ国立公園で、ニューサウスウェールズ州国立公園野生生物局の保護官であり、ブッシュ・ウォーカーでもあるデビッド・ノーブル氏により発見されました。

野生に存在すると言われている成木の数は100本に満たないそうです。その存在を守るために現在、幅広い研究対象の中心になっているそうです。

でも、この木は針葉樹ですがいわゆる本当の松ではなく、クイーンエリザベスにあるMONKEY PUZZLE TREEが同じ種類の木だそうです。

UBC-BOTANICAL-GARDEN-039.gif
PLANT CENTERです。

UBC-BOTANICAL-GARDEN-015.gif
黄色の丸いボールのような花が突き出ていて、その回りのしその色の葉にはピンクの花がさいていました。

UBC-BOTANICAL-GARDEN-033.gif
ピンクの花

UBC-BOTANICAL-GARDEN-038.gif
紫の花

UBC-BOTANICAL-GARDEN-035.gif
赤い花     

N.S.


posted by myk at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。