2010年12月20日

NとYのハノイ紀行B

2日目はいよいよメインイベント、世界遺産、ハロン湾観光です。ハロン湾は「海の桂林」ともいわれる、世界遺産です。日本語ツアーは会社によって$90くらいのものと、$49のものがありました。何が違うのか色々調べた結果、安い方は、英語ツアーと混載で人数によってはギュウギュウ詰めにされるので車内が窮屈、食事は豪華版ではない、ということでした。時期もオフシーズンだし、そんなに窮屈ではない可能性が高いかも、ということと、我々そんなに量は食べないので、質素な食事で十分だろう…ということで$49で行くことにしました。

オフシーズンではありますが、車は16人乗りのパンにギュウギュウ詰め。我々は最後のピックアップで、ガイドさんとも離れ、ドライバーさんの横、助手席に座りました。特に市内を出るまでの間はあの喧騒の中をクラクションを30秒に1回のペースで鳴らしながらの運転ですから、助手席はかなりスリルがありました…あせあせ(飛び散る汗)海外旅行保険に入ってきてよかったとまた思いました…

少し市内を出ますと、高速道路?のような車の通りになりました。そこで目に入ってきたものは…

hanoi-2-12.gif
これ、パンを売っているのですexclamation うまく写真が取れませんでしたが、このパン売りの女性が20メートルくらいの間隔で、かなりたくさんいるのです。こんなにたくさんの人が同じように同じパンを売っていて、本当に売れるのかとても不思議でした。透明のカバーがしてあるとは言え、かなり埃っぽいところで…。が、帰りに見た時には確かにパンが減っていました。すごいです。

hanoi-2-34.gif
アップです。

hanoi-2-11.gif
こちらはベトナムのお墓。土葬が多いそうです。

hanoi-2-10.gif
ちょっと郊外に出ても、小さな町があまり途切れることなく続いていました。こんなフルーツの露店も同じような店が何軒も続きます。

hanoi-2-31.gif
2時間ほど行ったところでトイレ休憩を兼ねたお土産屋さんの立ち寄りがありました。

hanoi-2-30.gif
なるほど、トイレも綺麗で外国人観光客が買いやすいようになっています。

hanoi-2-32.gif
簡単な食事を取るところもあります。

10時半頃、徒歩や自転車で道路をいく小学生をたくさん見かけました。11時半頃には中学・高校くらいの子をたくさん見ました。帰宅にしては早い時間だし、ランチを食べに帰るのか?などと思っていましたが、後でガイドさんに聞くと、ベトナムでは朝が早く、7時から学校が始まっているので、午前中には学校が終わるとのこと。下校途中の子供たちだったのです。

ハロン湾まで約3時間半、舗装もされていないでこぼこ道を行くのかと覚悟していましたが、一応道路はずっと舗装されていて、バンでも何とかそんなに疲れずに行けました。助手席のスリルも慣れてきたら逆に色々なものがみられて楽しかったですよ。道路わきすぐのところで日向ぼっこしている水牛や、豚を数匹入れたかごを荷台に乗せたバイク、3メートルはありそうな洋服をかけたポールを自転車の前につけて服を売っている人など…どれも一瞬で通りすぎますので写真はありませんが。

さていよいよハロン湾到着。ジャンク船と言われる船に乗って観光です。その前にトイレに行っておこうと思ったところ…ガイドさんによると、船に乗る前の施設でトイレに行くと10,000ドン(約100円)かかるけど、船の中ならタダですよ、とのこと。さすがに何時間も乗る船ですから、トイレ付なんですね。

hanoi-2-29.gif
こちらがそのジャンク船。結構な人数が乗れそうでしたが、この日この船には我々のバス16人だけでした。乗船するとすぐに出発。安全についての説明なども一切なし。信号も待たない、船もすぐに出る、せっかちな大阪のオバちゃんにはぴったりの国かも。(BY N.S.)

hanoi-2-24.gif
でもちゃんとライフジャケットはあるのを確認。

hanoi-2-8.gif
少し外から見るとよく分かりました。なんとたくさんの船。大体500隻あるそうです。

hanoi-2-9.gif
こういう帆がある2階建ての豪華な船は、1泊2日でハロン湾をめぐるツアーの船だそうです。

hanoi-2-7.gif
出発して少しするとランチです。これにプラスご飯と空芯菜のガーリック炒めが来ました。これは2人分ではなく5人分。前に座った3人を見てみると…

hanoi-2-6.gif
なんと、「京都府」と書いたTシャツを着ています。「京都に行ったことがあるの?」「と聞くと、「行ったことはない。これはオーストラリアで買った。単にデザインが気に入って買った。」とのこと。(他にも「CANADA」と書いた帽子をかぶっているフィリピン人のおじさんもいましたが、カナダには行ったことがない、とのことでした。)

hanoi-2-26.gif
話しを聞くと、この3人はアイルランドの青年で、仕事でオーストラリアに来ていて、今はホリデーで5週間、東南アジア各国を旅行しているとのことでした。お箸が苦手のようで食事は苦労していました。ちょっと男の子にはこのランチは足りないかな。

hanoi-2-18.gif
船に積んであった大きなタンク。これを道端で売っているのも見かけました。これは何かとガイドさんに尋ねると…雨水をためておくそうです。それを生活水にするとのこと。もしや、ランチのご飯もこの雨水で…?(美味しかったけど)

hanoi-2-3.gif
食事をしている間に随分と奇岩群に近づいていました。

hanoi-2-5.gif
こちらは犬の形をしている岩。他にも闘鶏岩と呼ばれる岩やゴリラ岩など、色々ありました。

hanoi-2-1.gif
こちらはガイドさんが「サンカクカケイワ」と言われるので「??」となっていた我々ですが、「三角関係岩」でした…

hanoi-2-20.gif
我々の専属ガイド、TRONGさん。32歳、2歳の女の子のお父さんです。若く見えますね。3年間名古屋にいたことがあるそうです。

hanoi-2-2.gif
テレビでも見た、水上生活の村が見えてきました。

hanoi-2-14.gif
生活のすべて、結婚式も水上でやるそうです。お葬式も水上でしますが埋葬は本土に持って行くとのこと。昔は海に沈めたそうですが、今は政府によって禁止されているそうです。トイレもちゃんとタンクに貯められるので、海に流しているわけではありません。

hanoi-2-27.gif
本当に普段の生活を拝見し…ここで小さい船に乗り換えるか、カヌーに乗ります。小さい船はひとり$5、カヌーは$10です。

hanoi-2-13.gif
子供たちがフルーツを売りにきます。フルーツはお腹を壊す可能性があるということだったので買わなかったのですが、せっかく売りに来ているので何か買ってあげたい気持ちになります。500ドンとか小さいお金をあげようかと思いましたが、タイミング悪く渡せず。今後はこういう時用に、日本のお菓子なんかを持っていけばいいかなと思いました。

hanoi-2-23.gif
カヌーに乗ったアイリッシュの青年。

hanoi-2-22.gif
小舟に乗って、この洞窟の奥のを見に行きます。この手こぎの船にはお坊さんも乗っていました。

hanoi-2-19.gif
我々の乗った小舟はモーター付き。船頭のお兄さんがなかなか男前でしたが、逆光で残念な写真になってしまいました。

水上生活村の次は鍾乳洞です。

hanoi-2-25.gif
鍾乳洞に続く埠頭。なんだか足場がずれているような…

hanoi-2-15.gif
台風の時に地元の人が避難しているところ、たまたま発見されたそうです。龍の王様が住んでいるという伝説があり、王様の結婚式にはたくさんの動物たちがお祝いに来たとか。鍾乳洞の中にゾウやトラやクラゲ(これはそこらじゅうにいます)など色々の形をしているところがあり、レイザーポインターでガイドさんが説明してくれました。

hanoi-2-16.gif
こちらがそのたまたま発見された入り口で、天井の入り口と呼ばれます。(ここからは入れません)
ドライなので滑りませんが、結構な階段になっていて、ちょっとした運動です。

hanoi-2-105.gif
鍾乳洞のある島からの眺め。鍾乳洞が終われば、後もう少し奇岩群を見て岐路につきます。

hanoi-2-4.gif

hanoi-2-17.gif

そしてまた3時間半の道を帰ります。帰りは少し大きなバスでしたが、乗車人数も増えていて、英語ガイドさんの子ども?が賑やかで眠ることはできませんでした…。

帰りも行きとは別のお土産屋さんにてトイレ休憩。ベトナムのこんな田舎でこれだけの施設。何か買い物をしてあげたいと思うけど、20分の限られた時間では優柔不断な我々には厳しい…

hanoi-2-33.gif
なんとかこれを買いました。1個2ドル。後で市内でもっと安いものもありました(10個で4ドルとか3ドルとか)が、やっぱり品質は違うようでした。他にもコーヒーやお茶やお菓子、雑貨やアオザイなど色々なものが売ってあり、決して安くはなく、日本や欧米のお土産の価格と変わりませんでしたが、外国人のお土産として品質はよいものをおいているのだと思います。

色々な人と一緒のツアーで$49のツアーでもとても楽しかったです。が、我々がもし日本人のお客さんをハロン湾にご案内するなら、車の中の快適さ、食事、追加でお金を払わなくてもよい点、などの理由からきっと$90の方にするだろう、とも話していました。

ハノイに帰ってきたのは意外と早く7時過ぎ。ガイドさんには大変お世話になりました。やっぱり世界遺産ですね。行ってよかったです。

続く…


posted by myk at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。