2009年01月26日

キャンセルチャージ

パック旅行や航空券など、旅行を申し込むとキャンセルチャージ(取消料)の規約は必ずあります。

MYKでディスカウントのカナダ行き航空券を購入された場合、発券(購入)するまでにキャンセルされてもキャンセル料は頂いておりません。でも発券後のキャンセルは35,000円のチャージを頂きます。これには航空会社へのペナルティと発券手数料、そしてキャンセルの手続き料が含まれています。発券後の変更も結局発券し直すことになるので、基本的に35,000円は必要になります。

例えば1月の成田〜バンクーバー直行便の最安値は54,000円。プラス現在のところ諸税・燃油付加費用が約45,000円で、合計99,000円。これをキャンセルしなければならなくなった場合、プラス35,000円を支払わなければならないと思っておられるお客様が結構おられます。

それは大変ありがたいことではありますが、そんなひどいことは致しませんexclamation35,000円を頂いて後は全てご返金いたします。海外旅行保険も出発前日まででしたら全額返金できますのでご安心下さい。

でも35,000円も決して安いお金ではありませんので、もしキャンセルの可能性がある場合は出来るだけ購入を待つ方がいいですね。そのような心配事がありましたらMYKに気楽にご相談下さい。
posted by myk at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

旅行業界用語

旅行業界は専門用語が多く、慣れるのに結構大変。そしてどんどん新しく生まれるので、10年(以上)選手でも知らない用語が結構あります。

つい最近「?」と思ったのは「サブガバ」。何のことかさっぱり分かりませんでした…subject to goverment approvalの略とのこと。「政府認可待ち」のことでした。舌咬みそうですね。

私たちが良く使う用語で、お客様も知っておられたら便利だなと思う用語をいくつかご紹介します。

■ロスバゲ=Lost baggage 飛行機に預けたスーツケースなどが目的地に届かないことです。baggage, luggageは荷物のこと。

■アドオン=Add on 国際線の飛行機に乗るために利用する日本国内線で、国際線の一部として扱われる区間。

■ブッキング=booking=reservation 予約のこと。

■シーズナリティ=seasonality 季節・時期により料金・運賃が変わること

■バウチャー=voucher クーポンのことです。

■ウェイティング=キャンセル待ちの状況です。

■リクエスト=reauest 予約の依頼をしている状況でまだ取れていません。

■シングルサプリメント=single suppliment 一人部屋追加代金。

■フルペン=full pension(=full board)1日3食付。

■ブローシャー=brochure パンフレット、小冊子。

■コンプリメンタリー=無料の。コンプリメンタリーブレックファストは無料で朝食が付く、という意味です。

■ラックレート=ホテルの正規料金。

■エアー=飛行機

■ランド=現地手配(ホテル、ガイドサービス、食事など)

■AP =advanced purchase 早割りのことです。AP21ということは、21日前までに予約するとこの値段になるということになります。Early birdも同じ意味。

■ギブアウェイ=旅の栞や最終案内などのパックのこと、無料提供品。

などなど色々ありますが、英語が基になっているので、大体想像付きますね。
posted by myk at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

大韓航空のキャンペーンと年末年始の空席状況

週3日の運行ですが…

大韓航空のバンクーバー行き(ソウル経由)にキャンペーンが出ましたexclamation×2

1月以降に購入すると燃油チャージも下がるので、かなりお得です。是非ご活用下さいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)(シアトル行きもキャンペーンがあります)

で、1月購入分から燃油チャージが下がるせいかどうか分かりませんが、エア・カナダ、日本航空なども12月末のバンクーバー行きの座席に空席が出てきました。年始1月4日までに帰国できる日にも空席がある日があります。

出発日、帰国日の組み合わせにより運賃は異なりますし、満席の日ももちろんあるのですが、年末年始の旅行を諦めていた方は再度問い合わせていただくとご案内できる可能性があります。

是非お問い合わせ下さいexclamation×2

posted by myk at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

バンコクの空港閉鎖の影響

11月25日から続いていた、バンコクの空港閉鎖もようやく終結を迎えたようですね。よかったです。

日本航空、全日空は12月5日から、本来利用しているスワンナブーム国際空港を利用する予定ですが、タイ国際航空はまだいつからスワンナブームを利用できるか決まっていません。日本からの飛行機は行って帰るだけですが、タイの飛行機はもう機材繰りがめちゃめちゃで、元通りになるのにまだしばらく時間がかかるようです。

MYKはカナダ専門ですが、今回のことは全く関係がなかったわけではありません。常連のお客様はカナダ以外の旅行も弊社を利用して下さる方が多いのです。

今回は社員旅行でタイのプーケット島に16名の方が行っておられました。予定の飛行機はキャンセルが決まり、延泊しかない…と覚悟を決めたところ、なんともラッキーなことにプーケット→成田の臨時直行便が飛ぶことになったのですexclamation×2

それでもたくさんの方が待っておられるので、乗れるのかどうか…ととても心配していましたが、なんと16名全員が搭乗することが出来ました飛行機

関空着の予定が成田着になったのですが、予定通りの日に帰って来られたのは本当にラッキーでしたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

これはそのお客様が撮影された、大変混雑しているプーケット空港の様子です。↓

hkt2008.11.28.jpg

皆様、本当にお疲れ様でした。

他にもタイ国際航空でバンコク経由ニューデリーに行っていた方もいます。

MYKカナダのT.K.は山登りのため、ネパールに行っていました。無事下山出来たんですが、カトマンズにまだいます。空港の閉鎖が続くと思って航空券を変更したとたん、オープンするという情報。でもまだ整理がついておらず、今日の移動予定のようですが、どうなるのか…

たくましいT.K.ですから何とかすると思いますが、空気が悪くて肺がんになりそうだとのこと。それに加えて今回の混乱。「ネパールはもう嫌だ〜」と言っていましたあせあせ(飛び散る汗)

早く帰って来てくれることを祈っています飛行機
posted by myk at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

燃油付加費用が下がります

ずっと上がり続けてきた燃油付加費用。エア・カナダも1月購入分より下がることになりましたexclamation

現在日本→カナダ片道30,000円のところ、20,000円になりますので、往復で40,000円になります。それでもまだまだ高いですね…

今後も原油価格が下がり続けるとすると、為替にもよりますが、こんな予定となっています。

【改定・廃止基準】(エア・カナダ)

航空燃油(シンガポールケロシン)の各日のスポット価格の3ヶ月平均によって適用額を決定し、3ヶ月間固定されます。

1バレルあたりのシンガポールケロシンが

100ドルを下回った場合→片道17,000円

90ドルを下回った場合 →片道14,000円

80ドルを下回った場合 →片道11,000円

70ドルを下回った場合 →片道8,000円

そして、60ドルを下回った場合は廃止されます!

燃油付加費用が廃止される日が早く来ることを願っています。

posted by myk at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

下期航空運賃と燃油サーチャージ

大変遅くなったのですが…

ようやく下期(冬)のカナダ行き航空券のページを更新しました飛行機

今年の下期から関西〜バンクーバー直行便がなくなりましたので、
今まで関空から出発して頂いていたお客様も、東京経由バンクーバーのエア・カナダをご利用いただくことが多くなると思います。

そのほか、アメリカ経由でしたらユナイテッド航空のサンフランシスコ経由、アジア経由でしたら大韓航空のソウル経由などが乗り継ぎが良くてお勧めです。

他にホームステイ&語学研修のページも更新していますので、併せてご覧下さい。

燃油サーチャージにつきましては、「下がったんじゃないの?」というお問い合わせを頂きますが、まだエア・カナダが値下げするというお知らせは届いていません。

日本航空と全日空は1月から下げるようですが、正直下げ幅は想像していたものよりも小さいですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)早く以前の水準に戻ってほしいと願うばかりです。
posted by myk at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

エア・カナダの燃油サーチャージ過剰収受について

------------------------------------------------------------------------------

今般、エア・カナダ(以下AC)による国際線航空運賃登録システムへの不適切な運賃登録が原因で、2006年4月1日から2008年5月9日までの間および2008年6月3日に航空券をご購入されたお客さまの一部に、ACの燃油特別付加運賃(以下サーチャージ)を過剰にご負担いただいたケースがあることが判明いたしました。

<返金対象航空券事例>

2006年4月1日から2008年5月9日の間に発券された航空券で、日本航空(JAL)・全日空(ANA)による太平洋区間(例:日本=カナダ間や日本=米国間)とACによるカナダ国内区間(もしくはカナダ=米国区間)の連帯運送が含まれている場合。


(例)
成田(JAL/ANA) → バンクーバー(AC) → トロント(AC) → バンクーバー(JAL/ANA) → 成田

上記の場合、ACの区間である バンクーバー→ トロント→ バンクーバー の2区間は本来0円であるところ、1区間あたり11,000円徴収されていました。

2008年5月10日以降に発券された航空券は、既にACによりシステム登録が修正されており、正しく適用されています。

-------------------------------------------------------------------------------


MYKのお客様は、カナダ国内でエア・カナダを利用される場合、国際線(成田/関西〜バンクーバー間)もエア・カナダをご利用いただいており、過剰徴収はございません。

バンクーバーまでの単純往復の場合はJAL/ANAの手配もありますが、AC区間が含まれていませんので、こちらも過剰徴収はございません。

国際線がJAL/ANA、国内線がACのお客様はざっと調べたところ見当たりませんでしたが、もしMYKをご利用頂いたお客様で、上記該当期間にJAL/ANAとACを合わせてご利用になられたお客様、ご不明なお客様がおられましたらお問い合わせ下さい。
posted by myk at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

燃油代とアメリカ入国の新システム

あらら。。。早々と原油価格は$100を切りましたね。
でも、まだほとんどの航空会社は10月から燃油代を値上げ予定です。
国土交通省の認可が下りればですけど。
そんな中、シンガポール航空だけは10月から少しだけですが値下げします。このバラつきも、もうひとつ良く分からないですね。

さて、2001年以降、アメリカへの入国審査がどんどん厳しくなっていますが、また新たなシステムが導入されます。来年1月11日までは任意ですので、登録していなくても大丈夫ですが、1月12日以降は必ず必要になります。

*****************************************************

【米国渡航認証システム(ESTA)の導入】 

アメリカは、本年8月1日以降、日本を含む短期滞在ビザ免除対象国の国民がアメリカに渡航しようとする場合、事前に(遅くとも渡航72時間前までに)インターネットを通じて、渡航者の身分事項等の情報を通報するシステムの運用を試験的に開始しました。

このシステムは、来年1月12日以降義務化されます。したがって、その日以降は、ESTAの認証がない場合、アメリカ行きの飛行機等への搭乗やアメリカ入国を拒否されることがあります。

ESTAは、一度認証されると2年間(2年以内にパスポートの有効期限が切れる方は、その期限日まで)有効となり、その間は何度でもアメリカ渡航が可能となります。

専用のウェブサイトは、 https://esta.cbp.dhs.gov/ です。認証の回答は即座になされるとのことです。
 詳細につきましては下記をご覧下さい。

日本国外務省(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html
在日米国大使館
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
米国国土安全保障省(http://www.dhs.gov/xnews/releases/pr_1212501117599.shtm

*****************************************************


MYKで旅行・航空券をお申し込みの方は、旅行申込書、パスポートの写しを頂けましたら、登録のお手伝いも致しますのでご安心下さい。

posted by myk at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

燃油代込みのカナダ行き航空券

昨日はカナダでも日本のアニメが大人気であるという話題でしたが、京都では今日までなんですが、国際会館で「マンガサミット」をやってました。世界中で日本のアニメが人気なのは知ってたつもりですが、ここまでとはちょっと驚きました。

さて今日の話題。少しずつ原油価格が下がっていますね。

なのに…!!

各航空会社は10月からも燃油代を値上げする予定です。エア・カナダは現在申請中ですが、現在片道24,000円のところ、10月以降発券分から片道30,000円になる予定ですもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

航空会社の燃油は3ヶ月前の値段が基準になっているとのことで、実際に燃油代が下がるのはもう少し先になりそうです。

でもあるアナリストによると、年明けまでには原油価格が$100を切るということですし、もう少し我慢しましょう。

で、燃油代の高い今、燃油代込みのエア・カナダの切符が出ました!

11月1日〜12月12日という、ローシーズン限定ではありますが、とてもお得ですので是非ご利用ください。大阪〜東京の国内線は往復8,000円の追加で手配可能です。

9月30日までの発売です!

okuda
posted by myk at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

カンクーン行きがタダ?

これは間違いでしょうか???

エア・カナダのホームページで、バンクーバー発、トロント経由カンクーン(メキシコ)行きの運賃が0(ゼロ)になっています。

10月11日、バンクーバー出発、25日にカンクーン出発を入れてみて下さい。

ホントに0と出ています。

Base fare30ドルに税金が加算されて一人$301.27です。

時間に余裕のある人、急いで、今すぐ予約を入れて、ゼロ運賃でカンクーン行きの飛行機をゲットしましょう!

(日本在住の方はバンクーバーまでの航空券をお求め下さいね)

N.S.
posted by myk at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

11月以降のカナダ行き航空券

11月以降のエア・カナダ、カナダ行き航空券が発表になりました!

が、残念なお知らせが2つ…

関西〜バンクーバーの直行便が運休になります。
また、成田〜トロントの直行便も運休になり、日本発のエア・カナダは1日1本、成田〜バンクーバーを往復するのみになりました。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

でももちろん大阪から成田に乗り継いで出発できますし、バンクーバー経由でトロントにも行けます。飛行機

航空運賃はシーズナリティ(時期によって運賃が変わること)がなくなり、お正月でも同じです。でも、安い航空券に空席がなければ高くなりますので、結局「混み合う日は高い」ということになります。

MYKのホームページでは最安値の運賃を掲載していますが、空席状況により10通りの運賃がありますので、ご希望の日をお伺いして運賃をご案内いたします。

新しい予約システムも導入し、すぐに状況をご案内できますので、ご希望の日があればどしどしお問い合わせ下さい。exclamation
posted by myk at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

香港で台風

今日は比較的ゆっくりしている日でした…

exclamation 台風9号が香港を直撃していて、明日、香港経由でバンクーバーに行く予定のグループ34名のフライトがキャンセルにがく〜(落胆した顔)

明日の朝は7時30分関空集合予定なので、何とか今日中に代替便の目処をつけたいところ。

ウムム…他社便で朝飛べるか、はたまた同航空会社の夕方便になるか…

飛行機なので雲の上に行ければ問題なしですが、機材繰りのこともあり、現在航空会社が悪戦苦闘中。こればかりは待つしかありません。方向性が決まったら皆さんに連絡。

というわけで、急にバタバタしている京都オフィスでした。

あらら…京都もすごい夕立です。

と、投稿したところで…

同じ時間発の日本航空で飛べるというgood newsが入りました!
ああぁ、よかったるんるん
posted by myk at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

置き引きは保険の対象になりません

今日は海外旅行保険について。補償内容には…

障害死亡・後遺障害
治療・救援費用
疾病死亡
賠償責任
携行品
航空機手荷物遅延・航空機遅延

などがありますが、保険請求が多いのは「携行品」と「治療費用」です。携行品の補償は、紛失、破損、盗難も含まれますが、"置き引き"は対象になりませんので注意してください。

日本人に多いのは、フードコートなどの席取りにかばんを置いておくとか、靴を試着しているときにかばんをちょっと横に置いて試し歩きしてしまう、とか。これは、「このかばん取ってください」と言っているようなもので、自己責任となり、保険の対象にはなりません。

カナダでは引ったくりなどの犯罪はないとは言いませんが少ないです。それでも観光地ではスリもいますし、空港・ホテルなど色々な人がいるところでは置き引きが発生していますので、持ち物には十分注意してください。

***************************


私の両親がカナダに来た時も、こんな話しをさんざんしておきました。でも、エドモントンからジャスパーに行く約5時間のドライブの途中に休憩していたときのことです。天気も良かったのでレストラン(と言ってもファーストフード)の外のピクニック施設で軽食を食べた後、車に戻ると…

カナダ人のおばさんが、車の窓をトントンとたたいて来ました。「何かな?」と思ったら、母が置き忘れたバッグを届けてくれたのです。そのバッグの中には弟がくれたお小遣いも入っていて、母は一瞬血の気が引いていました。

「荷物には気をつけるように」と言っていた後だけに、両親はそのカナダ人のおばさんの親切にとても感動していました。

どこに行っても悪い人ばかりではありません。良い人、親切な人がほとんどだと信じています。でも、確かに少数ではあっても悪い人がいるのは事実です。

なので、保険に加入することも大切ですが、自己防衛の習慣をつけることが大切かと思います。そして、旅行を存分に楽しんでください。

okuda
posted by myk at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

夏休みホームステイ

今年も小学生・中学生対象の夏休みホームステイを企画しています。

MYKカナダサマープロジェクト

今年はユナイテッド航空でサンフランシスコ経由です。添乗員がいますので、乗り継ぎはご安心下さい。

延泊ご希望の方は可能です。(飛行機が取れる場合に限りますが)
高校生・社会人の方もご参加いただけますので、ご希望の場合はお問い合わせ下さい。

爽やかなバンクーバーで、カナダの生活を体験してみませんか?
ご応募お待ちしています!!



posted by myk at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

4月以降の航空運賃と燃油付加費用

4月〜10月のエア・カナダの航空運賃が発表になりました。

関西空港発着
成田空港発着

この4月からの運賃設定はこれまでと大きく異なります。

エコノミークラスの中でも予約クラスというものがあり、値段の高いものは予約が取りやすく、安いものは席数が少なかったり取りにくい傾向にあることはこれまでと同じですが、4月以降は予約クラスがかなり多くなっており、安いものは取りにくくなっています。

つまり、同じ運賃の期間でも、日によって=混み具合によってご案内できる運賃が違うということになります。一番安いものは取れないけど、いくらの分なら取れる、という具合です。

ですので、運賃は発表していますが、実際には利用する日によってご案内できる運賃が異なって来ますので、運賃の照会をご依頼いただいた場合、一旦空席状況を確認して運賃をご案内することになります。ご案内に少し時間をいただきますがご了承ください。

そして、また4月から燃油付加費用が上がります。空港使用料なども入れると運賃以外に5万円近くの諸費用が必要になります。これも行程によって異なりますので、その都度ご案内いたします。

ところで、「同じエコノミークラスなのにどうして運賃が違うの?」ということですが…航空券について少しご説明を。

一番基本の航空券(ノーマル)は1年有効で航空会社も利用日も変更することが出来、また期間内であれば利用しない場合返金も可能です。ノーマル航空券は融通が効いていいのですが、とっても高いです。たらーっ(汗)

でも航空会社としては少し安くしても帰りも自社の便を利用して欲しいので「往復とも同じ航空会社を利用するなら少しディスカウントします」さらに「変更しないのであればディスカウントします」「旅行期間が短いのであればディスカウントします」「何名以上ならディスカウントします」とどんどん規則が厳しくなるにつれて運賃を下げている、とお考えいただくのが分かりやすいと思います。

つまり、レギュレーション(有効期間、変更可・不可などの規則)が厳しいほど安く、ゆるいほど高いというのが原則になります。

最近は「何名以上なら…」という決まりはほとんどなく、1名でもディスカウントが適用できるケースが多いのですが、予約後72時間以内の発券、出発の何日前までの予約・発券、などの「早割り航空券(Advanced Purchased Ticket)」が安い航空券の条件になっていることが多いですね。発券後の変更・取り消し手数料が高いのでご注意ください。
posted by myk at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

K様へ:ケローナ行き航空券

ゴールデンウィークのケローナ行き航空券のお問い合わせをK様というお客様から2月3日にEメールで頂きました。お嬢様が留学されているのでゴールデンウィークにご家族で行こうと計画されているとのこと。

そのお返事のEメールを何度も送っているのですが、どうしてもエラーで戻って来ます。Eメールアドレス以外に連絡方法を書いて頂いていないので困っております。お心当たりの方がおられましたら、大変恐れ入りますが、お電話番号などEメール以外のご連絡先をいただけますでしょうか?

下記はK様へのお返事メールです。

この度はカナダ専門旅行会社MYKエンタープライズにお問い合わせいただき誠にありがとうございます。早速ではございますが、お問い合わせの件についてご返信申し上げます。ご希望の日程にて航空機の空席状況をお調べしました。


【関西/ケローナ往復航空券】
4/27(日) AC0036 関西/バンクーバー(1715/1050)
4/27(日) AC8418 バンクーバー/ケローナ(1415/1551)
4/29(火) AC8419 ケローナ/バンクーバー(1120/1212)
 ※他、午後便もございます。
5/01(木) AC0035 バンクーバー/関西(1255/1545翌日着)
又は
5/02(金) AC0035 バンクーバー/関西(1255/1545翌日着)

■航空運賃<暫定>(早割り28/12日FIX)
 復路5/01(木)の場合:128,500円+諸税約42,050円(お一人様)
 復路5/02(金)の場合:133,500円+諸税約42,050円(お一人様)

上記航空運賃は本日現在の暫定料金となりますので、料金確定後、改めて正式料金をご案内させていただきます。(正式料金は上記暫定料金よりも高くなる事はございません)

※上記は早割り28運賃料金となりますので、ご出発日の29日前までの予約・発券に適用されます。発券後の変更は不可、また変更・取消しには別途手数料が必要になります。
※日本発(土(日)、現地発(金)(土)の場合は週末追加代金5,000円が片道につき必要になります。(上記料金には含まれています)
※諸税は為替変動などにより変更される場合がございます。

取り急ぎ、往路はバンクーバー乗り継ぎでケローナへ、ケローナで2泊後、バンクーバーで2泊又は3泊という行程をご案内いたします。
本日現在、復路が混み合っているようで一番お安いタイプの航空券は満席、上記料金でしたら空席がある状況です。

恐らく、ご覧になられた検索サイトでお安いタイプの航空券が満席のため「該当の航空券なし」という表示が出たのかもしれませんね。
また、空席状況も日々変動しますので、その日によって表示が異なる場合もございます。

ゴールデンウィーク期でしたら、バンクーバーからビクトリア(ブッチャート庭園)へ行かれるのもお勧めです。バンクーバーから日帰り(約12時間)のオプショナルツアーもございます。

ご質問などございましたらございましたらお気軽にお問い合わせいただきます様お願い申し上げます。
posted by myk at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ワーキングホリデー、追加募集!

2008年度のカナダワーキングホリデーは、昨年10月に募集と開始に応募が殺到し、11月末には締め切られていました。5,000人もの枠があるのに、すごい人気ですね。

その後、追加募集が検討されていましたが、なんと4,500人も追加募集することになり、2008年は9,500の枠となります。(なぜ5,000人ではなく4,500人の追加なのかと素朴な疑問を抱いています)詳しくはカナダ大使館のサイトをご確認下さい。

MYKでも1年有効、片道航空券のお取り扱いがございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

成田発航空券
関西発航空券
日本ワーキング・ホリデー協会

*エア・カナダの燃油付加費用は、現在片道につき17,000円です。

posted by myk at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

信じられないこと2つ:燃油付加費用とバレーボール

《信じられないこと その@》

燃油付加費用がまた値上げです。10月に上がったばかりなのに、1月発券分からエア・カナダの日本−カナダ線は往復で8,000円アップの34,000円になります。

他に成田or関西空港使用料、カナダの税金を合わせるとバンクーバー単純往復でも40,000円以上に…。

冬のカナダ行きは航空券が安いので、例えば成田発の早割り28なら43,000円から。これに税金が40,000円??

ガソリン代の高騰はどこまで続くのでしょうか??1バレルあたりUS$42を下回ると廃止されるのですが…。

《信じられないこと そのA》

昨日は日本全国、野球の話題がスポーツ番組のトップだったようですが、バレーボール好きの私は昨日のブラジル戦の4セット目が信じられませんでした。

今回のワールドカップ、特に男子の試合は正直なところ冷めていたのですが、昨日だけ興奮しました。あのアクシデントは信じられません!!すごくいいプレー連続の後のあれですから。

その割にはメディアの扱いが冷静でこれもちょっとびっくりです。やっぱり野球の影に隠れてしまったのかな。それと相撲とボクシングの話題も賑やかですし。

冷めていたワールドカップですが、昨日の4セット目は心からニッポンを応援しました。

okuda
posted by myk at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

スキー・スノーボード用品の預け荷物

以前ご紹介したエア・カナダの無料預け荷物規定の変更は結局多少遅れましたが、現在は23キロまでになりました。(2個まで)

また現在はスキー・スノーボード、ゴルフなどのスポーツ用品は、サイズがオーバーしても特別荷物となり、預け荷物1個として数えられていましたが、これからは超過料金が必要になる、と先日連絡がありました。

ところがやはり混乱が生じているとのことで、エア・カナダ本社が規定を見直し、2007年12月12日から新しく「事前登録制度」を実施することになったと先週末連絡がありました。これはスキー・スノーボード・ホッケー用品に限られます。

2008年1月7日(月)以降のご搭乗分より、スキーとブーツ(スノーボードも同様、ホッケーはスケート靴を含む道具一式とスティック2本)を別々に預け、スーツケースと合わせて3個になる場合、スポーツ用品のインフォメーションを事前に入力する必要があります。確認の取れているお客様のスポーツ用品に対しては超過料金を免除とし、事前に登録がない場合は超過料金を申し受けます。

また、2008年1月6日(日)ご搭乗分までは事前登録がなくても超過料金は免除となります。

*許容サイズとは3辺の合計が292cm(115インチ)以内で、なおかつ長さが203cm(80インチ)を超えない大きさで、重量は23kgまでです。23kg以上32kgまでは重量の超過料金を申し受けます。

*オールインワンと呼ばれるスキーバッグに、スキーとブーツ以外の物を入れた場合は通常の荷物と見なされ、超過料金の対象となります。また、32kg以上の荷物を預かることは出来ません。


okuda
posted by myk at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

また上がります…燃油付加費用

ガソリン代はどこまで上がるのでしょうか??
またまた航空各社は燃油付加費用(FUEL SURCHARGE)を10月から値上げします。

主な北米線(日本−北米都市)は次の通りです。

エア・カナダ 片道11,000円 → 13,000円へ

ノースウエスト航空・アメリカン航空・コンチネンタル航空
 片道12,000円 → 13,000円へ

ユナイテッド航空 片道12,000円 → 13,800円

デルタ航空 片道10,500円 → 12,500円へ

9月中に発券すれば現行通りですが、9月末は発券が混み合いますので、ご希望の方はお早めにお知らせ下さい。

okuda


posted by myk at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。