2007年09月10日

2008年度カナダワーキングホリデープログラム

随分前に私のワーキングホリデー体験談“出発編”をお伝えして
から久々のエントリーになります。
本日は2008年度の日本/カナダワーキングホリデープログラム募集
要項についてのお知らせです。

毎年、カナダワーキングホリデープログラムの募集要項は10月半ば
に発表される(発表の日は毎年異なります)のですが、今年は珍しく
募集要項発表の日が事前に発表されました。

カナダ大使館のサイトによると、、、

年度の募集要項は、2007年10月1日に当サイトと大使館モバイル
サイトでご案内する予定です。

尚、2008年の申請方法は、大幅に変更される予定になっております。応募予定の方は、募集要項の発表までお待ちいただきますようお願いいたします。新しい申請方法に関しては、発表までEメール、お電話
およびファックス等でのお問い合わせには応じられません。

との事。
またまた申請方法が変わるそうです。
ここ数年、ほぼ2年毎に申請方法が変更されているので、参加希望者
の方も申請方法が気になるところですね。
昨年度も早い段階で定員に達し、募集は締め切られました。
それだけ、カナダのワーキングホリデープログラムが人気があると
いう事ですよね。
ちなみに私が参加した1995年度は1994年の11月から申請開始で、95年中のいつの出発でも早めに申請する事ができました。
現在のように航空券の予約確認書は必要なく、割と簡単に申請できた
ように記憶しています。

2008年度の日本/カナダワーキングホリデープログラムに参加希望の
皆さん、早めの情報収集でぜひ資格をgetしてください。
弊社でもお手伝いさせていただきます!


AIBA



posted by myk at 16:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

大阪〜成田の飛行機と成田第1ターミナル

先週末は成田空港でセンディング(お見送りの仕事)があり、伊丹から飛行機に乗って成田空港へ行きました。

北米行きの成田発の便は大体夕方発。これらの飛行機に乗り継ぐために大阪から行く場合、成田行きは朝早い飛行機(8時頃発)か午後の飛行機(1時半頃発)の2つしかありません。

朝の便だと待ち時間がかなり長くなるので、当然午後の便を希望される方が多いのですが、この飛行機が小さいのです!

9.01narita-009.jpg

これはANA3112便。CRJというカナダ製の飛行機で、52人乗りの本当に小さい飛行機です。天井も低く、背の高い人はかがまないと通路も通れません。でもジェット機で、約1時間で到着します。

という訳で、席数が少ないのでなかなか取れにくく、この便がとれない場合は朝の成田行きではなく、午後の羽田行きを選択されるお客様が多いですね。

この日はお天気も良く地上もよく見えました。ふと気付くと、雲の上に顔を出している黒い物体が…。もしや富士山?富士山と言えば年中頭に雪の帽子をかぶっているものとばかり思っていましたが、さすがに今年の猛暑ではすっかり雪が溶けてしまったようですね。

9.01narita-002.jpg

実は私は新しい成田空港第1ターミナルに行くのは初めてでした。
これはエア・カナダのチェックインカウンター。

9.01narita-008.jpg

名古屋セントレア空港同様、荷物のエックス線検査は「インライン検査方式」になっていて、荷物を預けた後、自動的に検査されます。もし何か具合が悪いことがあれば、搭乗ゲートで呼び出されることになります。
関西空港も10月からこのインライン検査方式が導入されます。

9.01narita-007.jpg

okuda
posted by myk at 19:44| Comment(0) | TrackBack(4) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

台風のとき

昨日は九州地方を台風5号が襲いましたね。今回MYKのお客様は、今日の飛行機の乗り継ぎために、福岡から関空行きの最終便ににる予定の方がおられました。

昨日は時間がたてばたつほど、福岡空港発がキャンセルになる可能性が出てきたので、早い便に変更を希望されましたが、すんなりとは行きませんでした。

理由は、今回の切符はルフトハンザドイツ航空の国際線に付随する国内線で原則変更出来ないものであることと、予約経路がルフトハンザ→全日空になっているため、ルフトハンザが全日空の承認を得ないといけない、ということで時間がかかりました。

今回は台風という理由で、また前の便に空席もありましたので、結局夕方の伊丹行きの便に振り替えてもらうことが出来て良かった〜。と思っていたら、出発の1時間位前に「天候のため調整」なんて文字がホームページ上に現れ、ドキドキしていたら30分前の時点で決定になる、とのこと。祈る思いでしたが、結局出発が決定!夜には無事に大阪に到着され、今朝の便でヨーロッパに出発されました。良かった〜。

台風のときは本当に毎回ケースバイケースの対応になります。航空会社の免責事項、航空券の種類などにより、もちろん対応の原則はあるのですが、飛行機が飛ぶかどうかの判断が間際になる場合が多く、安全策を考えてお金がかかっても予定より早く移動されるケースもありますし、昨日のように鉄道が全く不通になることもありますし、航空会社に交渉できる場合、出来ない場合があり、台風のときはいつも疲労困憊です。

でもとにかく出発できて良かった〜飛行機

okuda
posted by myk at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

燃油付加費用がまた上がります

原油価格高騰、円安、ふぅ…
またまた燃油付加費用が上がります。

<エア・カナダ>

現状:日本−バンクーバー    片道8,000円
   カナダ国内線・アメリカ線 1区間19ドル

7月15日発券分以降:日本−バンクーバー 片道11,000円
   カナダ国内線・アメリカ線も上記に含まれます。

<ノースウエスト航空>
現状:      日本−北米 片道11,000円
7月1日発券分以降:日本−北米 片道12,000円

エア・カナダの場合、乗り継ぎが多い方はお得になり、バンクーバー単純往復の方は損になります。ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さい。
posted by myk at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

カーマナプラザホテル(Carmana Plaza)

今日はバンクーバーのダウンタウンにある、お勧めのホテルをご紹介します。

カーマナプラザ(Carmana Plaza)というホテルで、コンドミニアムタイプのホテルです。上層階は普通に住居として生活している人もいます。

クラスとしてはスタンダードクラスで、コンシェルジュがいるようなデラックスクラスではありませんが、ベッドルームの他にリビングルーム、キッチン、バスルームがあり、広々としているのに、料金はリーズナブルでお勧めです。

carmana6.jpg
リビングルーム

carmana7.jpg
ベッドルーム

carmana5.jpg
バスルーム

carmana2.jpg
キッチン@

carmana1.jpg
キッチンA

carmana3.jpg
キッチンB

carmana4.jpg
キッチンC

時期、部屋タイプによりますが、夏は24,000円前後〜、冬は12,000円前後〜。今年の冬はちょっと値上がりそうな感じですが、それでもとてもリーズナブルですよ。
posted by myk at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

エア・カナダB777就航

現在、日本からカナダへの直行便は、

成田発 エア・カナダ(バンクーバー行き・トロント行き)
    日本航空(バンクーバー行き)
関西発 エア・カナダ(バンクーバー行き)

です。エア・カナダの成田便にはこの夏からB777(トリプルセブン)が就航します。

B777の座席数はビジネスクラスが42席、エコノミークラスが307席。ビジネスクラスにはエグゼクティブファーストスイートが導入され、快適なアームチェアーとレッグレストは、全長191cm・肩幅79cmのフルフラットベッドとなります。

エコノミークラスでは全座席にインシートモニターが装備され、AVOD(オーディオ・ビデオオンディマンド)による映像・音楽がお楽しみいただけるようになります。

B777就航に伴い、記念キャンペーンもあります!バンクーバー行き、トロント行きの単純往復のみですが、お安くなっていますので是非チェックしてください。

関空―バンクーバー線は、ピーク時はA340-300型機(ビジネスクラス30席、エコノミークラス252席)の運航予定でしたが、最近になって他の時期と同様B767-300型機(ビジネスクラス25席、エコノミークラス187席)になることが決まったようです。関空発はとても混み合いますので、ご旅行をお考えの方は出来るだけ早めにご依頼下さい。
posted by myk at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

GSTリファンドがなくなりました

ご案内にちょっと時差が出来てしまいましたが・・・
カナダの税の1つ、GSTは海外旅行者には返金されるシステムがありましたが、3月19日より廃止になっています。

これまでも手続きは非常に複雑で、しかも銀行の手数料などを考えると小さな学のGSTを返金してもらうと返って高くつくこともありましたから、利用する人は少なかったのですが。。。

posted by myk at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

預け荷物規定の続き

一昨日、「預け荷物の規定が変わる」とご案内したばかりですが…

今朝、次のような案内がエア・カナダより来ました。

先日お知らせいたしました無料手荷物許容量変更に関しまして、多くのお客様のご意見を反映し、急な変更によるお客様の不利益を回避する為、内容が一部改定されました。
エコノミークラスの無料手荷物許容量の重量が手荷物1個につき23キロに変更になりますのは、2007年6月11日以降発券の航空券をお持ちで、かつ2007年10月11日以降に搭乗される場合となります。


つまり、エコノミークラスのお客様のほとんどの方は10月11日以降から変更になるということです。

変更の変更で混乱しますね。ご不明点がございましたらお問い合わせ下さい。またはこちらのサイトにも詳細が記載されています。
posted by myk at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

預け荷物の規定が変わります

現在、北米線はほとんどの路線で飛行機の受託手荷物(預け荷物)は23キロのスーツケースなどが2つなのですが、カナダ線だけはなぜか特例で32キロまでのスーツケースなどが2つ預けられます。

航空会社はずっとカナダ行きも23キロまでになるように国土交通省に申請していたのですが、やっと認可がおりたようです。4月30日からはスーツケースの荷物は23キロまでが無料、それを超える場合、32キロまではC$35相当の追加で預けることが出来ます。

ちなみに32キロを超えたり、サイズオーバーの場合は約2万円も追加になりますのでご注意を。

詳しくはこちらをご覧下さい。

posted by myk at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ホームステイ&語学研修体験談

3月に「かなだdeしようよ!」2週間コースに参加されたH.Kさんよりお手紙を頂きましたので、ご紹介します。

カナダでの2週間は自分にとって全てがプラスになった旅でした。2週間はあっと言う間でもっといたかったくらいです。

初日、初めての国際線に乗り、すごくワクワクしていたんですが、バンクーバーに到着して圧倒され、不安がつのってきました。ステイ先に着いた時は英語があまりにも分からず、すぐにホームシックになってしまいました。(笑)

gooding.jpg

でも次の日の学校では、日本人の人たちでテストとオリエンテーションを受け、すぐに友達が出来たのでホームシックからすぐに抜け出せました。その次の日からは毎日をエンジョイしてました。

学校のクラスは韓国人、ブラジル人、台湾人、メキシコ人、日本人の人たちでした。レベルが一緒の人たちだったので、授業も分かりやすかったし、何と言っても他の国の人たちとのコミュニケーションがとても楽しかったです。いろんな国の文化を知ることが出来た気がします。

<中略>

学校が終った後は毎日のように観光を楽しんでました。一番印象に残っているのは、スタンレーパークやグラウスマウンテンです。スタンレーパークに行った時は本当に天気がよくて最高でした。グラウスマウンテンでは夜景がきれいすぎて、レストランで盛り上がっていたら、最終バスの時間までほとんどなくてすごく焦りました。

<中略>

学校のアクティビティでは、ビクトリアやアメリカのシアトルにも行きました。毎日が刺激的で、いろんな発見がたくさんあった2週間でした。

ただ1つ心残りなのは、もっと英語が話せたらホストファミリーとももっと話せたのになぁ、と思います。でも、絶対また行きたいので、その時までもっと英語を勉強したいです。

あっと言う間の2週間でしたが、最高の旅でした。本当にありがとうございました。また手配などをお願いする時は宜しくお願いします。
posted by myk at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

カナダ福祉ツアー

今日は1月に催行された、カナダ福祉ツアーのご紹介をします。このツアーは山口県の特別養護老人ホームの職員の方が参加されました。

ビクトリアは学生と高齢者の町と言われている、ブリティッシュ・コロンビア州の州都。カナダで一番温暖な気候で、全土からリタイアした夫婦が移住してきます。というわけで高齢者が多く、町の標識は他の都市と比べて大きくなっています。車の運転もゆっくりという印象があります。

vic2.jpg

そんなビクトリアエリアでは「REST HAVEN LIDGE」という老人ホーム、「LODGE AT BROADWAY」という、退役軍人が半数を占める大型の滞在型老人ホーム、「DOUGLAS CARE COMMUNITY」という認知症・アルツハイマーを専門としたケアホームを見学。

vic2.jpg

resthaven2.jpg

入居者は収入に応じて滞在費が異なり、またヘルプのレベルも人によりまちまちです。

バンクーバーでは日系移民も多く、高齢化している一世や二世のために日系ホームもあります。

.

resthaven3.jpg

NIKKEI3.jpg

これはメニュー。日系人以外のシニアも滞在できますし、日系の人でも日本語が読めない方もおられますので、英語標記もあります。

NIKKEI2.jpg

食堂は一般の人もレストランとして利用出来ます。ここのうどんは関西風で、ゆずの香りも効いていてとてもおいしいですよ。

ツアーでは他にリハビリテーションセンターや介護ショップなども訪れて頂きました。

Y.Okuda
posted by myk at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

Eチケットの搭乗手続き<追記>

3月5日のエントリーでEチケットについてご案内しましたが、追記です。

カナダの空港にある自動チェックイン機では、パスポートをスワイプする(機械に通す)だけで本人確認が出来ますので、予約番号を入力する必要なくチェックインできます。

簡単になったものですね飛行機

posted by myk at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

Eチケット

昨日は京都も暑いくらいでしたね。今朝の京都新聞の一面です。

sakura2007.jpg京で22・8度 4月下旬並み陽気  
右京 車折神社で「河津桜」見ごろ(22:06)



さて、今日は航空券について。
最近どんどんEチケットになってきています。

これが従来の航空券↓

2007.2.12ns-043.jpg

そして、これがEチケットの例。↓

2007.2.12ns-043.jpg

良い点は航空券をなくしても、予約番号さえ分かれば搭乗券を受け取ることが出来ることです。

ただ、パソコンやEメールからプリントアウトしただけのものですので、「本当にこれでいいの?」と不安に思われるお客様が多いのが現状です。

はい、本当にこれでいいんです。これを航空会社のカウンターに提示して頂ければ手続きできます。バンクーバーのエア・カナダのチェックインカウンターでは自動チェックイン機もありますので、予約番号を入力し、希望の座席を指定すればチェックイン出来ます。

「これ、日本語だけど大丈夫?」というお問い合わせもありますが、大丈夫です。Eチケットは言語もいくつか選んで表示できます。

エア・カナダは今のところ、ペーパー航空券(従来の航空券)でもEチケットでも同じ料金ですが、航空会社によっては従来の航空券にすると追加料金がかかるところも出てきています。

Y.Okuda
posted by myk at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

液体類の機内持ち込み制限今日から

先日お伝えした、液体類の機内持ち込み制限が今日からスタートします。日本のほか、韓国、台湾、マカオでも同じ要領でスタートします。アイテムの詳しいリストはこちらをご覧下さい。

今回の措置は「日本発の国際線」に適用されるので、基本的に国内線は対象になっていません。また、セキュリティエリア内(手荷物検査の後)で購入する液体類(酒類・香水など)は持込可能です。

でも、こんな例があります。

<バンクーバー> → <成田> 国際線扱いのJAL053便に乗り継ぎ→ <名古屋> 入国審査・通関

この場合、成田空港で国際線扱いの飛行機に乗るので手荷物検査は国際線の検査を受けます。つまり、バンクーバー空港の手荷物検査の後買ったお酒や香水は持ち込めない、ということになります。

カナダは国内線も含めて全ての便で同様の制限があります。バンクーバーなどで入国審査をしたあと乗り継ぎ便がある方で、日本出発の際に免税店で酒類などを購入された方は、カナダ国内線に荷物を預ける際にスーツケースに入れ直さなければなりませんのでご注意下さい。
posted by myk at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

春休みホームステイinバンクーバー

春休みまであとひと月。早めに春休みになる大学生は3月始め頃から、中学生・高校生は中旬以降からホームステイ体験に出発する方が多いですね。

そしてこの頃はもっと低年齢(小学生)でホームステイを体験する方が増えてきています。小学2年生の方がホームステイにチャレンジしたこともあるんですよ。

3月のバンクーバーは既に桜も咲いている美しい時期で、夏に比べると航空運賃も安く、比較的低価格で渡航できるので、観光よりも英語学習・カナダの生活体験が目的の方にはとても良い時期です。

MYKの今年の春休みホームステイは小学生対象です。

sp.jpg

ホストファミリー宅から英語学習の場所への通学、アクティビティの移動など全て送迎付き。もちろん日本出発から到着まで添乗員がいますので、安心してカナダの生活を体験できます。

中学生以上の方は、一緒に出発して英語は現地の語学学校にて学習して頂きます(年齢によります)ので、お問い合わせ下さい。
posted by myk at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

機内持ち込み荷物の規制<続編>

1月19日のエントリーで液体の持ち込み制限について書きましたが、追記です。

バンクーバー空港では8月10日のテロ未遂事件の後、液体類の持込が禁止されていましたが、10月に現在の規制に緩和されました。でも、実際のところそれほど厳密でなくても大丈夫です。

そして、日本でも今年3月からそれにほぼ近い規制になるわけですが、日本では厳しいかも知れませんね。実際のところどのように規制されるか、3月以降にまたご報告致します。

Y.Okuda
posted by myk at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

飛行機への液体持込制限が導入されます

昨年8月のイギリスで起こったテロ未遂事件を受け、日本でも国際的な協調の観点から、新ルールを2007年3月1日から全ての日本発の国際線に導入することが決定されました。

規制がどんどん緩和されていて、日本の空港ではほとんどなくなっていたのにまた復活?なぜ今更…という気もするのですが、主な概要は以下の通りです。

1.あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる。
 *100mlを超える容器に100ml以下の液体物が入っている場合でも不可となります。
 *液体物の中には、練り状物、半固形状物、ジェル状のもの(歯磨き、ヘアジェル等)、エアゾール、スプレーなども含まれます。これらの物品は受託手荷物として預けて下さい。

2.それらの容器を再封可能な容量1リットル以下の透明プラスチック製袋に余裕をもって入れる。
 *「容量1リットルとの袋」とは概ね縦横20cm×20cm程度の大きさです。
 *中の容器がいっぱいで密封出来ない場合は、密封できる程度に中身を破棄して頂きます。
 *100mlを超える容器やプラスチック袋がない場合は、容器を破棄して頂きます。

3.旅客一人当たりの袋の数は一つのみ。(そのプラスチック製袋を、検査場において検査員に提示しなければならない)

4.医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、適用除外。(液体物の機内での必要性について照会されることがある)

5.手荷物検査を効率的に実施するため、上記プラスチック袋及びラップトップコンピューター等電子機器はバックから取り出し、上着類は脱いで別々に検査員に提示。

6.保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持込が可能。しかし海外で乗り継ぐ場合は、その国のルールに従い没収される可能性有り。

ekitaiseigen.jpg

詳しくは国土交通省のホームページをご覧下さい。
posted by myk at 18:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

燃油付加費用が下がります!!

エア・カナダでは2005年1月から導入された燃油付加費用(FUEL SURCHARGE)。以後、上がり続けていたのですが、2007年1月から下がることになりました!

現行   :日本〜カナダ 片道につき13,000円
1月1日より:日本⇔バンクーバー(又は直行便のトロント便) 
      片道6,000円
      国際線旅程に含まれるカナダ国内線、カナダ⇔アメリカ 
      1区間につき片道C$19.00

行程により燃油付加費用が変わることになりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

燃油付加費用はKerosene-Jet Fuel Singapreのスポット価格が30日間1バレル当りUS$40を下回った場合、廃止されます。まだまだ遠い将来のようですが…

posted by myk at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ワーキングホリデー

2007年度のカナダワーキングホリデープログラムの要項が11月の初めに発表されました。例年より1ヶ月以上遅い発表です。

2007年度は、出発予定が先であっても今から申請可能なので、12/4現在、5000人の定員枠のうち、既に47%の申込みになっています。

今、MYKにも来年の航空券の問い合わせが集中しています。来年4月以降の運賃はまだ発表されていませんが、ワーキングホリデービザ申請に必要な予約確認書は発行できますので、詳しくはMYKのホームページをご覧下さい。

2007年3月までの航空運賃

2007年4月以降の運賃はまだ発表されていません。2006年の運賃を参考になさって下さい。

予約確認書について

MYKでは予約確認書発行の際、航空券の申込金として10,000円頂きます。実際にお支払い頂くときに申込金の10,000円は航空券代金に充当されますが、キャンセルされた場合は払い戻しできませんので、ご了承下さい。
posted by myk at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

エアロプラン

2007年1月1日からエアカナダ・フリークエントフライヤー・プログラム(マイレージバンク)“エアロプラン”のプログラム内容が2点変更されます。

今まで、積算されたマイルの有効期限がなかったエアロプランですが、2007年1月1日より有効期限が7年間に設定されることになりました。2007年1月1日以降に蓄積されるマイルは7年後の同じ月までためることができます。(例えば、2007年1月3日に加算されるマイルは2014年1月31日まで有効です。)7年経っても使わなかったマイルは月単位で自動的に無効になってしまいます。2007年1月1日以前に加算されたマイルは2013年12月31日に無効になります。

エアロプランの会員は1年に最低でも1度はマイルをためる、又は使わなくてはなりません。1年間に1度もマイルのアカウントに動きがない場合はアカウントにある全てのマイルが無効になってしまいます。(注:会員資格はそのまま継続されます。)もし無効になったマイルを取り戻したかったら、手数料30カナダドルとさらに1マイルにつき1セントを支払うとあと7年間そのマイルを維持することができます。

C
posted by myk at 08:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 手配・手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。